大阪大会 抄録

第18回国際歯周内科学研究会

大阪大会 抄録のダウンロード

会 期:令和3年(2021年)4月18日(日)
会 場:千里ライフサイエンスセンター
大会長:森浦 弘行
大会テーマ
「口腔機能低下に立ち向かう」

国際歯周内科学研究会第18回学術大会の重要なお知らせ

第18回国際歯周内科学研究会学術大会、大会長の森浦です。

今回の学術大会には全ての会員の先生に是非参加していただきたいと強く願っております。その理由は今回施行される介護保険改定にあります。

【生田先生談】

今回の介護保険改定は歯科関係者にとって過去最大の改定となります。歯科医師は介護保険改定なので関係ないと思っている方が多いですが、今回の介護保険改定に歯科医院として対応できているかできていないかで今後の歯科医院経営は大きく変わります。訪問における口腔管理は歯周内科そのものです。

生田先生は「滅菌」「歯周内科」に続く第三の波が来ているとおっしゃっています。しかし、この波には単に機材を購入するだけでは乗れません。当然ある程度のスキルを身につける必要があります。今回の学術大会では、その基礎となる知識と解剖学的な背景を各講師の先生に講演していただき、生田先生のおっしゃる第三の波にあたる今回の介護保険改定、そして、なぜ訪問における口腔管理は歯周内科そのものなのかを生田先生自身に解説していただきます。

会場・ライブ配信・オンデマンドで是非ご参加あるいはご視聴されますことをお勧め致します。

特に会場参加では、後のオンデマンド配信の視聴権利も付与されますので、当日の雰囲気を感じた上で振り返って復習することもできますので奮ってのご参加をお待ちしております。

前の記事

会場案内