第8回 東京総会

日時:2010年4月18日(日) 国際歯周内科学研究会

第8回 東京総会

~会員発表~

シラカベ歯科医院 院長 白壁浩之先生
「ジスロマックSRの症例報告」

自院での統計に基づき、ジスロマックSRの使用感や副作用についてご報告いただきました。臨床に即した分かりやすい内容でした。

前多歯科クリニック 院長 前多壯晃先生

「歯周病治療における次亜塩素水の役割」

「CTX検査によるビスフォスフォネート誘発顎骨壊死のリスク評価」

次亜塩素水の特徴と、歯周病治療に適用する際の注意点、最適濃度などについてご報告いただきました。
また、ビスフォスフォネート薬を使用している患者さんにCTX検査を行うことにより、顎骨壊死のリスクを評価する事ができるという内容をお話しいただきました。口腔外科処置の際の休薬の要不要を判定できるなど、安全・安心な治療を行うための指針となる貴重な情報でした。

 

~ランチョンセミナー~

「認定医申請書作成についてのオリエンテーション」
国際歯周内科学研究会理事 塚本高久先生

国際歯周内科学研究会認定医制度がこの春より発足し、3名が認定を受けることとなりました。次回認定には、より多くの先生方が申請を出される事が予想されますので、認定申請における注意点を詳しくご説明しました。

~特別報告~

「リアルタイムPCR法による術前・術後のP.g菌の臨床変化と位相差顕微鏡像との関連性について」
国際歯周内科学研究会 代表理事 生田図南先生

現在、研究会では安孫子宜光教授のご指導を受けながら、歯科臨床に即したリアルタイムPCR検査システムの確立を目指して研究を重ねています。検査システムを構築する上で生じる問題点、今後の課題などについて、進捗状況の報告を行いました。

~特別講演~

「歯周病の機能ゲノム的診断と分子標的治療」
日本大学松戸歯学部生化学 分子生物学講座
安孫子宜光教授

分子生物学における最新知見についてご講演いただきました。世界最先端の研究手法や、それによって実現可能な事など、聞いてい胸が高鳴るようなエキサイティングな内容でした。我々が口腔医として、従来とは全く違った方向から国民の皆さんの健康と幸福に寄与できるという安孫子先生のお話をお聞きしていると、歯科の未来に明るい光が差してくるように感じました。「現代の歯科医師はアーティストからサイエンティストへと変貌を遂げなければならない」というお言葉が印象的でした。

▲このページのTOPへ

国際歯周内科学研究会総会・2003年からの歩み

2003年3月 大阪にて第1回総会開催
代表理事、インストラクター症例発表・検討会

2004年8月 福岡にて第2回総会開催
代表理事、インストラクター症例発表・検討会

2005年4月2005年3月20日
東京品川コクヨホール大ホールにて第3回総会開催

特別講演1
「表在性真菌症その基礎と臨床」
前田伸子教授 鶴見大学歯学部口腔細菌学教室
特別講演2
「新潮流 歯周内科治療」
五味一博准教授 鶴見大学歯学部第二歯科保存学教室

2006年4月 大阪千里ライフセンター大ホールにて第4回総会開催
特別講演1
「バイオフィルム感染症としての歯周病最先端治療」
王宝禮教授 松本歯科大学歯科薬理学講座 松本歯科大学大学院硬組織制御再建学講座
特別講演2
「歯科における抗菌化学療法のツボ」
金子明寛教授 東海大学医学部外科系口腔外科

2007年4月 東京KFCホール大ホールにて第5回総会開催
特別講演「歯周病関連菌群の最新知見について」
奥田克爾教授 東京歯科大学大学院研究科長

2008年4月 総会前日 自費増加に関する講演会を開催

恵比須 繁之教授2008年4月
福岡中小企業振興センター大ホールにて第6回総会開催

特別講演
「バイオフィルム感染症の治療法としてのクオラムセンシング阻害戦略」
恵比須 繁之教授 大阪大学大学院歯学研究科 口腔分子感染制御学講座(歯科保存学教室)

 

2009年4月18日品川プリンスホテルにて総会前懇親会を開催

2009年4月19日東京一ツ橋記念講堂にて第7回総会開催
特別講演
として、日本歯科大学歯周病学講座鴨井久一名誉教授に「歯周病治療における科学的検査の開発とその現状」についてお話をいただきました。鴨井先生は私たちの活動について大変な評価をしていただきました。

2009年4月19日東京一ツ橋記念講堂にて第7回総会開催