2019年学術大会報告

令和元年、歯周内科の進む道

国際歯周内科学研究会 代表理事 津 島  克 正

代表理事 津 島  克 正

4月21 日、東京両国のKFC ホールにおいて平成最後の学術大会が開催され、大盛況のうちに無事終了することができました。ご参加いただいた会員の先生方にあつく御礼申し上げます。また、本大会の成功は河内大会長の綿密なご準備、理事・評議員の先生方のご活躍によるもので、改めて感謝申し上げます。

今回も素晴らしい内容で、参加できなかった先生方におかれましては、4~5頁の学術大会報告をぜひご覧になっていただきたいと思います。

いよいよ新元号「令和」を迎えることとなりました。新しい時代の幕開けです。

歯周内科治療が世に出てから約20年。私たちも大きな時代の変化を迎えようとしています。

歯周内科治療は、位相差顕微鏡での菌叢の劇的な改善とともに、歯周病が簡単に治るということでとても注目され、開業医の間でどんどん広がっていきました。

現在は、検査においては位相差顕微鏡の検査に加えリアルタイムPCR検査が標準となり、より科学的となりました。治療ではジスロマック+ ファンギゾン(ハリゾン)に加えリアルタイムPCR 検査の結果をもとに他種の抗菌剤の追加投与も検討するようになりました。

そして、口腔内菌叢を改善することの目的も、歯周病の治療を目的としたものから、全身疾患や歯原性菌血症を考え、より重要度の高いものへと変化しています。

歯周病と全身疾患が大きく関わりがあるということが言われてから、これまた約20 年が経ちますが、当初言われていた疾患だけではなく現在はガンや認知症にまで関わっていることがはっきりと示されてきました。

さらにこれからは、超高齢社会の問題として大きく注目される摂食嚥下障害と誤嚥性肺炎の問題にも大きくかかわります。口腔ケアの重要性はすでに認められていますが、真の目的は口腔内細菌叢の改善にあることが認知されるようになり、医科歯科連携のかなめとして、リアルタイムPCR検査や歯周内科治療がより大きく注目されることになるでしょう。

そうしたことを踏まえ、研究会では臨床効果の蓄積に加え、エビデンス構築のために学術に、より力を入れていく方針をとってまいります。

この治療法が、より多くの人たちの健康に寄与することを願ってやみません。

 

2019 年 東京学術大会

第17回東京学術大会 大会長 河 内  洋 順

大会長 河 内  洋 順

この度は第17 回国際歯周内科学研究会東京学術大会に、沢山のご参加をいただき誠にありがとうございました。

平成から令和に年号が変わる前の最後の学術大会は、東京、両国のKFC センターにて開催いたしました。

今回は「これからの歯科、歯周内科の方向性を探る」というテーマで準備をしてきました。

190 名を超える参加人数に会場は活気にあふれました。

前日セミナーは、河内洋順先生から「歯周内科型予防歯科医院を作って成功しよう」というタイトルで講演して頂きました。

塚本高久先生から「歯周内科型医院を後世に伝えるために準備したいこと」というタイトルでご講演をいただきました。

前日懇親会は、同会場2階にて行われました。講師の先生方を交えて盛り上がりを見せました。今回は初の試みである生田先生のマル秘のミニ講演会もありました。

会員同士で、講演内容や日頃抱える悩みなど様々な話に花が咲き、楽しく実りある時間を過ごせました。楽しい時間はあっという間に過ぎていきますね。

来賓でお越しの元厚生大臣 藤本孝雄先生にご挨拶をいただきました。

元厚生大臣 藤本孝雄先生

午前に行われた招待講演は「感染症としての歯周病は如何に全身疾患に関与しているか~脳梗塞などの循環器系疾患・呼吸器系疾患・糖尿病などの内科的慢性疾患を歯周病を治療することで改善する~」と題し医療法人社団 誠敬会 会長 吉野敏明先生にご講演いただきました。

歯周病治療の最前線を牽引されてきた吉野先生の症例を交えたお話は会場の誰もがくぎ付けになりました。

特に初めて聞いた先生にとっては、メタトロン治療、針の治療など驚くような内容だったのではないでしょうか。時間があっという間に過ぎるお話でした。

午後の最初に行われた理事講演は「これからの歯科・歯周内科の方向性を探る」と題し一般社団法人国際歯周内科学研究会の常務理事の生田図南先生にご講演いただきました。

常務理事の生田図南先生

昨年生田先生のセミナーは20周年を迎え、新たに日本摂食支援協会を立ち上げるなど精力的に活動されています。当会のカリスマである生田先生の講演は、これからの歯科の進むべき方向がみえた90分でした。

聞き終わった後、会場内が医療人としての使命感に満ちたような雰囲気になったのが、とても印象的でした。

そして最後の学術講演は「地域包括ケア・食べる事のできる口作りのために~口腔カンジダと口腔疾患・歯周病のかかわり~」と題し、鹿児島大学学術研究員・医歯学研究域・歯学系・准教授

国際歯周内科学研究会・学術顧問 上川善昭先生のご講演が行われました。

熊本弁で、私たちに語り掛ける上川先生に癒されました。

上川先生の今後の研究がますます楽しみになりました。

ポスターセッションは8医院の発表が行われました。

最優秀賞 若林歯科  優秀賞 おおさわ歯科クリニック 3位 生田歯科医院

ポスターセッション 

入賞特典として無料セミナー受講券が送られることになりました。来年度以後も続きますので、ふるってご参加ください。

これからも学術大会が益々発展し続けることを祈念して講評といたします。

皆様ありがとうございました。

2018年 行事スケジュール

■第16回 学術大会

2018年04月15日(日) 会場:福岡

2018年福岡学術大会のお知らせ


経営フェア

2018年07月22日(日) 会場:東京 御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター


■第10回秋季カンファレンス

2018年10月21日(日) 会場:名古屋 ウィンクあいち

2018年10月21日の第10回秋季カンファレンスは「満席」になりました。
お申込ありがとうございました。

2018年・福岡学術大会 大会講評

2018年 福岡学術大会

大会講評   第16回福岡学術大会 大会長 大澤 良

 

この度は第16回国際歯周内科学研究会福岡学術大会に、沢山のご参加をいただき誠にありがとうございました。

今回は5年に一度の福岡での開催年にあたり、アクセスの良い福岡中小企業振興センターにて開催いたしました。

230名を超える参加人数に会場は活気にあふれました。

福岡中小企業振興センターにて学術大会

 

前日懇親会は、同会場2階サブホールにて行われ、講師の先生方を交えて盛り上がりを見せました。今流行りのタイムリーな分野の話、講演内容や日頃抱える悩みまで様々な話に花が咲き、楽しく実りある時間を過ごせたのではないでしょうか。

前日懇親会

 

今回は「歯周内科から拡がるケア型医療」というテーマの下、タイムリーかつ核心をとらえた内容をお届けすべく準備をしてきました。

 

午前に行われた招待講演は「SPTにおける炎症と力のコントロール」と題し東京医科歯科大学臨床教授の内山茂先生にご講演いただきました。

予防歯科の最前線を牽引されてきた内山先生の症例を交えた歯周病のケア、メインテナンスのお話は会場の誰もがくぎ付けになりました。

特に歯科衛生士さんたちにとっては大きなモチベーションになったのではないでしょうか。

2時間と言う時間があっという間に過ぎるお話でした。

東京医科歯科大学臨床教授の内山茂先生

 

午後の最初に行われた招待講演は「3つのキーフレーズで考える摂食嚥下障害への対応-あなたの口腔ケアはなぜ効果がないのか-」と題し一般社団法人TOUCH代表理事でおられる舘村卓先生にご講演いただきました。

昨年秋の緊急セミナーから最もHOTな分野ですが、舘村先生の上手な話し方に難しい内容も笑いながらリラックスして聞けた90分でした。

聞き終わった後、会場内が医療人としての使命感に満ちたような雰囲気になったのが、とても印象的でした。

 

舘村卓先生

 

そして最後の招待講演は「生物学的根拠に基づく歯周炎診断・治療のパラダイムシフト」と題し、奥羽大学薬学部教授の大島光宏先生のご講演が行われました。

大島先生は「歯周炎は細菌が原因ではなかった!」というセンセーショナルな内容の論文を発表されました。先生のお話は、歯周内科治療のステップアップにつながる大変貴重な学びの場となりました。大島先生の今後の研究がますます楽しみになりました。

大島先生

 

ポスターセッションは6医院の発表が行われ、投票総数が100を超えるという大盛況ぶりでした。今回から入賞特典として無料セミナー受講券が送られることになりました。来年度以後も続きますので、ふるってご参加ください。

これからも学術大会が益々発展し続けることを祈念して講評といたします。

皆様ありがとうございました。

2018年・福岡学術大会

2018年経営フェア&生田セミナー20周年

2018年経営フェア&生田セミナー20周年

今年で生田セミナーは開講20周年を迎えます。

1つのセミナーが20年も続くというのは、それ自体ものすごいことです。受講者は4300名近くになっているそうです。

いかに生田セミナーの内容が優れているかがうかがえます。

国際歯周内科学研究会は、もともとは生田セミナーOB会から発展してできた会です。現在は全国2000名以上の先生方が参加されている大きなスタディーグループとなりました。

20年前にこのようなことになるとは、さすがの生田先生も予想できなかったのではないでしょうか? いや、生田先生のことですから・‥。

生田セミナーが続いてきたからこそ、当会も発展してきました。そこで、本年7月の経営フェアは、生田セミナーをきっかけに歯周内科治療を院内に取り入れ、大きく医院を発展させてきた3名の先生方に、そのノウハウや苦労話、歯周内科治療や生田セミナーに対する思いを存分に語っていただく講演会としました。

「そうだよね~」と思わず共感、「それ、いただき!」と新たな発見、大いに楽しみながら、お得な情報、素晴らしい取り組みを共有するセミナーになることでしょう。

経営フェア終了後は同会場で「生田セミナー20周年記念式典」を開催します。生田先生の思い、歯周内科学研究会の思いを共有し、研究会内部だけではなく外部にも大きくアピールする場にできたらと思います。

ぜひ、ぜひ、ご参加ください。

生田先生や、歯周内科の仲間たちと語り合いましょう!

 

大会長 国際歯周内科学研究会代表理事 津島 克正


2018年経営フェア&生田セミナー20周年

 

日時:2018.7/22(日)

主 催:歯局内科学研究会有志一同

場 所:御茶ノ水ソラシティ

受講料:25.000円

パーティー参加料:15.000円

講演

●院内感染防止対策と経営の安定化 福重真佐子 先生

初期の生田セミナーで倒産寸前からⅤ字回復した歯科医院のその後

医院の成長 武藤直広 先生

生田セミナーを受講して~医院の成長、継承、移転開業~

医院の継承 河内洋順 先生

医院継承後の大幅成長に生田セミナーをどう活かしたか 

記念講演

生田セミナーの20年とこれからの歯科

生田図南 先生

記念パーティー

時間:15:00~17:00
パーティー参加料:15,000円

お申し込み・問い合せ

(株)Microexam
〒863-1215 熊本県天草市河浦町白木河内220-9
TEL:0969-76-0290 FAX:0969-76-0289

お申し込みは、申込書にてお願いいたします。

(申込書:同封のもの、または当Webサイトよりダウンロードしたものをご利用ください)

申込書のダウンロード←クリック

経営フェア開催報告(2017年7月23日)

経営フェア開催報告

ISIMP評議員 経営フェア大会長 大澤 良 

さる7月23日(日)両国KFCセンターにて経営フェアを開催しました。
今回の経営フェアは、経営幕の内弁当と題して、幅広くそれでいて明日から役に立つという内容を目指しました。受講者の先生方の満足度も高く、有益な一日を過ごしていただけたのではと思っております。

経営フェア開催報告

暑い中多くの先生方にお集まりいただきました。

『日本歯科医療のこれから 経営学・IoTの視点から』

歯科医療向けWEBサイト ホワイトクロス代表取締役赤司征大

はじめに、赤司征大先生から日本の歯科医療のこれからと題して、世界から見た日本の現状、そしてそれを踏まえた今後の歯科界の歩むべき道筋についてご講演いただきました。非常に切れ味の鋭いエキサイティングなお話で、受講された先生方は100分があっという間だったと思います。

今後起こってくる大きな流れを赤司先生のアメリカで学んだ経験をもとにお話しいただき、そして今後の歯科界におこる生き残りの二極化を解説いただきました。我々も手を打つべく動かなければいけないと気が引き締まる内容でした。

赤司先生の運営するホワイトクロスは今後の時代を見越した歯科界の体系を見直すべくものでもあり、講演後はホワイトクロスへの登録や質問で盛況していました。

ホワイトクロス代表取締役赤司征大

『アドラー心理学から学ぶスタッフマネージメント』

国際歯周内科学研究会 理事 花田 真也

午後の最初は、当会理事の花田真也先生からスタッフマネージメントについてのお話をいただきました。昨今、厳しい雇用状況は周知のことでありますが、雇用後の離職者の一番の理由は、今も昔も院長との人間関係にあることは変わりありません。

両者の関係をよくするためにアドラー心理学を用いて、少しだけ角度を変えた考え方、声掛けをするだけで、お互いのストレスが激減するという内容でした。

受講者の先生方の中には、何回も頷きながらメモをとる姿がありました。ズバリ自身の核心を突かれた先生方も多かったのではと思います。すぐに明日から取り入れられる貴重なお話となりました。

国際歯周内科学研究会 理事 花田 真也

『明日から活かせる最新労務管理~マイナンバーから最新法改正、労務トラブル対策まで~』

あおば社会保険労務士法人 社会保険労務士 藤原 英理

続いて藤原英理先生から実務的な最新労務管理のご講演をしていただきました。

スタッフの採用と定着には労働環境の整備も重要です。最近話題となっているブラックと言う言葉を受け、労働環境整備をきちんと行っている事業所が増えてきています。従業員の権利意識も高まってきています。

最新の労務問題について、藤原先生から見落としがちな職場における法律学の点をお話しいただきました。その後ケーススタディという形で、実際にあったケースを学んでいきました。

とても分かりやすく、歯科医院におけるリスク管理が改めてしっかり抑えることができたのではと思います。

社会保険労務士 藤原 英理

受講生の声(受講後アンケートより)

  • 歯科の今後の未来についてのスケールの大きいハード面の話からスタッフマネージメントを主体としたソフト面の話まで聞けたのがすごく良かった
  •  自分のコミュニケーションの取り方を考えさせられました。
  • なかなか聞くことのできない話を聞けてすごく良かった。思っていた以上の内容だった。
  • ハラスメントのケーススタディはリアリティがあって参考になった。
  • これからの病院の在り方を確認できた。

大阪大会開催のお礼

【大会講評】

第15回大阪学術大会長 末廣恒生

この度は第15回国際歯周内科学研究会大阪学術大会に本当に多数の先生にご参加を頂き誠にありがとうございました。今回は11年ぶりに大阪の千里ライフサイエンスセンターで開催致しました。
2000人規模に成長した研究会をまとめるべく新たな大会運営メンバーを募りまた司会もプロに依頼し大会をまとめてみました。

千里ライフサイエンスセンター

前日懇親会は近隣ホテルのプールサイドテラスを借り切り歓迎ムードを演出して盛大に開催致しました。

懇親会

いつもと違った雰囲気を感じて頂けたのではないでしょうか?

今回は「歯周内科と食と健康」と題しまして、天下の台所であるここ大阪の地にふさわしい内容になる様に1年かけて準備を進めてまいりました。

授岡崎好秀先生

基調講演は「進化から口腔機能を考える」と題しモンゴル医科大学歯学部客員教授岡崎好秀先生のご講演でした。

先生はご自身の主催される「ネコの会」において食育を通じた歯科の範囲にとらわれない健康のあり方を啓蒙されておられますが柔軟な視点が我々の日常診療で凝り固まった頭を解きほぐしてくれるヒントになったと思います。

日本糖尿病学会専門医の西田亙先生

特別講演は、「歯周組織と全身の係わり~内科的視点こそが日本の歯科界を救う~」と題し日本糖尿病学会専門医の西田亙先生の講演でした。

平素、先生は「こんど生まれ変わったら歯科衛生士になりたい」と述べられていますがこの講演を聞くとその理由が納得できたと思います。

参加の歯科衛生士がお話を大変興味津々に乗り出すように聴いておられた事がとても印象的でした。

森永宏喜先生

そして最後は会員特別講演の「「すべての病気は「口の中」から!~慢性炎症をめぐる歯周病と全身疾患の驚くべき関係~」と題して米国抗加齢医学会認定医の森永宏喜先生の講演でした。

上梓されたベストセラー本「すべての病気は「口の中」から!」をお読みなられた方も多いと思いますが、話題の「健康寿命」を延ばすためには本日の講演の内容が重要なカギを握っていると感じました。

ポスターセッションは今回4チームの出展と少し少なめではありましたが得票数はすべて1票差の甲乙つけがたい内容となりさらにレベルが上がったことを証明しました。

これからも学術大会が益々発展し続ける事を祈念して講評といたします。

集合写真